NPO法人サウンドウッズ sound wood(s)


お知らせ

2019年3月26日
[ お知らせ ]

【記念シンポジウム3/10リポート】設立10周年記念サウンドウッズフォーラム



IMGP2473.JPG

法人設立10周年記念サウンドウッズフォーラム2019 

第三弾シンポジウム
「森にかかわる10年 ~これまでとこれから~」

【日時】 2019年3月10日(日)13:00開場 13:00~17:00 
【場所】 エルおおさか709号室

【プログラム】   
第一部  基調講演 
講演:              川北英人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])

第二部 パネルディスカッション 「森を救う市民活動はどこに向かうのか」
パネラー:   井上有加(林業女子会@高知、井上建築)
        竹垣英信(森のライフスタイル研究所)
        山本博(NPO法人日本森林ボランティア協会)

コメンテーター:川北秀人(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所])
進行:     安田哲也(NPO法人サウンドウッズ)

------------------------------------------------------------

IMGP2474.JPG

■ はじめに

安田:目の前のことを一生懸命にやっていると10年が過ぎた。
チラシに使う写真を選んでいて、実に多くの人に囲まれてこれまでやってきたことに気づいた。
10年は林業ではあっという間だが、いろんなことが起きるし物事が変わる。時間の流れが速い。
サウンドウッズの社会での立ち位置を示すまでは、やりやすい環境ができていると考えているが、そこから僕たちが何をするのか、まさに問われていると感じている。
今日、そういう議論があったなと、とスタートラインで考えるきっかけになれば幸いです。

------------------------------------------------------------

第一部 基調講演
「森に関わる活動の10年 ~これまでとこれから~」 川北 英人

■ はじめに
本日の講演は5時間半の内容ですが1時間に縮めてお話しします。
考える材料と道具を提供したい。なので、あの人に話そうという気持ちで聞いていただければと思う。

■ 市民生活の変化と市民活動について
本業は、阪神大震災前の1994年の25年前から始めている。
当時はボランティアが主力だったが、日本海側の自治会に呼ばれて講演がちらほらあった。
日本人の暮らしが変わると市民活動に求められる役割が変わるし、ボランティア活動も変わる。

昭和から平成にかけて生活が大きく2点が変わった。
まず1点目は、家族が小さくなったこと。
昭和(の終り頃)は平均世帯人数が4人だったが、平成(の終り頃)は一人暮らしの世帯が三分の一を占めるようになった。
今、人口1億2700万人、5300万世帯のうち、1800万世帯がおひとり様。軽自動車は売れるし、冷蔵庫の売れ行きは大小の二極化が進んでいる。
冷蔵庫の大型が売れるが、高齢者が大きな冷蔵庫を選ぶ理由はまとめ買いが増えてきたため。
暮らしが変わったのに、ボランティア・市民活動はどれほどキャッチアップできているのか?

次に2点目は、働き方が変わったこと。
昭和時代では第一次産業と第二次産業に従事する人口は50%だったが、平成時代では合計しても20%、つまり第三次産業が80%を占めている。
この中で最も割合が増加したのが介護分野。
きっかけは2000年に介護保険法が成立したためで、今では女性の5人に一人、男性の6人に一人は医療福祉関係の仕事をしている。
つまり、24時間365日休みがない業種で働く人が増加した。しかも必要とする人はこれから増加する一方である。
現在コンビニの24時間営業について問題になっていて、そのうち24時間営業する店舗は減少するだろうが、医療福祉はそうはいかない。

そして地域では、地方の人口増加が続く昭和時代には行事を増やした。
しかし、今、平日の夜に運動会の打合せを実施しても若い人が参加できない事態が発生している。
沖縄のとある市町村では、運動会は月曜朝に実施している。
それは、観光と福祉が主要産業となっているのだから住民の働き方が変わったことに応じて行事を変えている。
昭和25年より70年間人口減少が続く島根県雲南市では、人口減少が与件として受け止められていて、「居る者でやるしかない」とポジティブに受け止めて、もはや行事を減らして「福祉・防災・経済」を第一に掲げて活動を進めている。
「自治会活動に関心がない」「若い者がいない」と嘆き、自治会活動をする者としない者に意識の差があると受け止めている地域があるが、実は地域住民の意識に問題がある。
人口密度が上昇する時期は、行事を増やすことで交流を増やしていくことでよかったが、人口減少と高齢化のダブルパンチでは、支えあいが必要な生活必須活動へ自治会活動を定義し直す必要がある。


■ 社会の変化について
団体の経営について触れると、特定非営利活動法人数は5万団体あり、ほぼコンビニ数と同じで、小中学校と高校数の合計よりも多い。
ここ数年は減ってきていて、昨年は185件減少した。最も増えたのが2003年で、福祉の契約をとるのに法人格が必要と法律が制定されたためである。
すでに解散した法人数は16,700団体で、4件に1件の26.1%、年に1800件解散している。「認定」を受けると、寄付金に対する税金の半額近くが戻るという優遇を受けられ、寄付金を集めやすくなるが、この制度を利用している法人は2%つまり50団体につき1団体しかいない。

では社団法人や財団法人ではどうか。同じく税制の優遇がある認定を受けた公益社団法人・公益財団法人は7.3%(4167団体/56784団体)と41%(5389団体/13109団体)で13%にのぼり、NPO法人の認定取得率よりはるかに高い。

なぜ、認定を取得しないのか調査してみると、そもそも事業の中で寄付金を集めようとしていない。
煩雑な事務作業はしたくない、自分のしたいことはしたい、と考えている団体が非常に多いということだ。


■ 世界経済における我が国のポジション
GDP総額は世界第3位だが、国民一人当たりの生産性は2000年をピークに下がっていて現在20位以下。いかに生産性が低いかがわかる。
「世界で第2位」と言っていたころより、仕事のやり方や意識について変わっていない。
自治会の出欠がいまだにハガキで届くのが、その一例だ。
しかし、大阪市北区中津の自治会は新しい方法で若者の参画率を上げている。
必要な会議数を減らし、Lineアプリで出欠確認。若い人たちの暮らしに合わせて、自治会活動も効率を上げるように変えていく必要がある。


■ インフラの高齢化
高度成長期に整備されたインフラも高齢化を迎えている。
2012年笹子トンネル天井落下事故があり、国土交通省は全国のトンネルや橋を緊急点検した。
笹子トンネルは法定耐用年数50年に満たない43年で事故を起こした。
15m以上の橋は全国に248,000本。2013年の時点で耐用年数越えが2割だった。
2019年では4割、2029年では6割もの橋が耐用年数を超える結果となった。
対策は架け替えるか失くすか。生活の一部である橋を失くすことはあり得ない。

住宅・学校・公民館は、人口減少に合わせて失くしていってよいインフラだが、橋・水道・病院はハコものインフラとしては失くしていけないインフラである。
国土交通省が「小さな拠点」の構築を推奨していて、あらゆる機能を集約しましょうと言い始めているが、集約しすぎると集落が死んでしまう。
なので、地域でできることを増やすことを私は勧めている。
「小規模多機能自治」と呼んでいるが、集落が生き残る可能性をあげることが必要だ。


■ 高齢化は第二幕へ
高齢化社会という言葉は聞きなれているが、高齢化社会とは65歳以上の人口が全人口の7%を占めた社会であり、日本は1975年より高齢化社会に突入している。
よって40年聞き続けていることになる。しかし、これまでの高齢化とこれからの高齢化は様相が異なる。
ヘルパーが必要な要介護3以上は80歳代で急激に増えるが、これまで65歳から75歳までの前期高齢者が元気だったが10年後にはヘルパーが必要になるということだ。
町内会長も民生委員も森林ボランティアも全員元気高齢者。2035年には、その地域づくりの主体が全員後期高齢者になる。
85歳以上の人数と85歳未満の人口がほぼ同数になる。
しかも、定年延長で70歳まで仕事をするため、ますます地域に余裕がなくなる。
介護保険だけでなく、暮らしそのものを変えていかないといけない。
島根や山形が70年かけて経験することを、大阪や東京は20年で経験することになる。
大阪では千里ニュータウンや泉北ニュータウンが一足早く経験している。そのうち高槻や堺も経験する。
地域がシフトしないといけない。

ところで第一次産業と第二次産業が20年で4割減・3割減となった。
これは日本の稼ぎ頭が失われていることを示している。
何も知らなくても、仕事をしながら徐々に覚えていき、能率や効率を上げて時間単価を上げていくというビジネスモデルが消失した。
600万人以上流出していることになる。住宅より山間部に工場がありそこに通うというスタイルがあったが、今では工場はなく仕事は山間部にはない。
20代から40代の女性の就業率が2割向上し主婦が少なくなってきていて、お母さんが働いていないことを前提としたビジネスモデル、例えばPTAや生活共同体は、崩壊しつつある。
そのような状況下で、森づくりの在り方はどのように進化させていけばいいのか!?

空き家調査は国税調査とは異なる年に5年ごとに実施している。
1993年に9.8%、2015年に13.5%であるが、山梨では2割に、東京でも9%に達している。
仮に住宅1件建てるごとに1件壊すとして、総住宅数を増減なしにして世帯数を維持しても、空き家率は13.5%に上がっていく。
セキスイハウスでは2014年から長く住み続ける価値に着目し、リフォーム事業を展開している。
東北では高齢者のヒートショック問題があるため、温度と湿度に着目したリフォームが人気となっている。

2015年時点で、10人中2人(19.8%)は後期高齢者の一人暮らし。
回覧版は地域の安心を高めるために行っている。山間部と都市部ではどちらが一人暮らしが多いのか。
山間部は家族がケアをするため少なく、都市部の方が多くなっている。
先日、大阪市住之江区に伺ったが、32%、だいたい3人に一人は後期高齢者一人暮らし。
交通の便や買い物のしやすさで一人暮らしがしやすい環境が整っているのだが、もし通学者数が減少するとバスなどの公共交通機関が減少し、買い物難民になってしまう。
それを回避するためにも、自動車メーカーには自動運転のテストは国内で実施するよう呼び掛けている。

後期高齢者一人暮らしの女性と男性の割合は3:1だが、孤独死の割合は1:3である。
つまり男性の孤独死の確率は10倍近くになる。その事象に気づいたのが阪神大震災でボランティア活動をされていた中村順子さんや黒田裕子さん。
避難所から仮設住宅に移ったとたん、2か月で孤独死が発生した。
仮設住宅でプライバシーは守られるが、コミュニケーションが制限され生活の様子が外からわからないことが大きな原因だった。
そこで「地域には平時から居場所と出番が必要」であることが分かり、地域社会福祉協議会が地域で文化サロンを開設するようになった。
歌ったり踊ったりする活動メニューに男性は抵抗があり参加しづらく、利用者は女性ばかりになっている。
一人暮らしの男性を引っ張り出す活動として「男の料理教室」がある。
しかし、料理教室のメニューがみそ汁やお酒のつまみでは益々おひとり様を促進することになるので、パエリアやスポンジケーキを焼くクリスマスケーキなど、一人では食べきれず数人と食事を楽しむ、または自分から振る舞いたくなるメニューを東京世田谷区で開催している。
一方で、大阪市北区中津では「カフェコンパーレ」という、文化サロンに通いたくない高齢者を対象としたカフェが運営されている。
おいしいコーヒーで自分の好きなことで自由に時間を過ごし、たまには午前中に子供のお稽古事の発表会を開催している。
高齢者の「居場所」を作り、常連客の主体的な協力で運営されており、カフェは大変流行っている。
これから、ボランティアを探し集めて育てるのに、これまでとは違うアプローチが必要なのではないか。

ボランティアの構成は変わりつつある。元気な高齢者でも、後期高齢者になれば、車の免許を返上する方も増える。
75歳以上免許保有者は、男性では56%だが女性では11%にまで下がる。女性が持たない理由は、友達に送迎など運転を頼めるからである。
少ない労力で運営する効率化が求められるし、福祉側の体制も変えていかないといけない。


■ 民間移譲
教育について文科省は、学力だけでなく生きる力をつける事をめざし、社会に開かれた教育課程を設けることを推進している。
つまり地域の課題解決力が求められている。ポジティブにとらえると、大学を卒業してから地域の課題に取り組むのではなく、小中学校時代から地域の課題について触れて考えることになり、課題解決に参加できるという面がある、しかしネガティブにとらえると、大人の小間使いになるのではないか、つまり大人が地域活動を残したいから子供を担い手に育てることに学校を利用することになるのでは、という懸念がある。文科省はすべての市町村の教育委員会の判断で地域住民と話し合って実施を決定するよう通達している。
地域が課題解決のために、子供たちが育つ課題解決ができるのであれば、このような官民協働もよいのではないか。

地域の自治体が行政の役割を一部担うケースもある。ある市町村では、水道検針業務を地域自治会に委託している。
検針業務だけでなく、住民の顔色などのチェックをして安否確認を兼ねたり、雑用訪問がてらに看護師の訪問なども兼ねるなど、細やかな住民サービスの提供を、日当を発生させながら実現している。
地域も、女性の就業や定年延長が進むと、(マンパワーとしての)ゆとりがなくなっていく。


■ 木に携わる人を増やす
文科省より学校教育での農業体験・林業体験枠が拡大した。林業への就労人口も大幅に減っていることより、木材ファンを生まないと就業人口が増えないことは提言している。
森林体験活動の必要性について、林業従事者を減らさないためにも新規就労者を1.2万人必要であり、自動車・電機の企業並みでありかなり難しい数字ではある。そのためにも小中学生の段階で森のすごさを経験する「原体験」を与える必要があり、100万人以上森へ誘導しないといけない。


P1140024.JPG

------------------------------------------------------------

第二部 パネルディスカッション

安田:サウンドウッズのミッションとして、まちの志を森林所有者につなぎ森林所有者の持続的森林経営の後押しをすることで次世代に健全な森を引き継ぐことを上げている。これをブラッシュアップできればと思っている。それでは、まずパネラーの方に自己紹介をお願いする。

IMGP2495.JPG

井上:2010年京都で林業女子会を立ち上げた。10年たった今では全国24か所でそれぞれ会が結成されている。
活動は何してもよく、マイペースで緩くやっている。川上から川下さらに学生と敷居が低く、様々な方が参加されている。
移籍可能で、メンバーのライフスタイルに応じた活動がそれぞれ展開されている。

竹垣: 2005年よりNPO法人森のライフスタイル研究所を運営している。
活動地は長野県だったが、長距離バスの事故を受けて、最近では長野ではなく東京や千葉を中心に活動している。
木材利用の一端でバイオマス利用普及啓発に取り組んでいたが、ペレットストーブの販売競争相手が企業だったので営利活動から退いた。
人が集まる森にすれば森も変わるのではないかとファッション雑誌「装苑」と組んでファッションに着目したり、農ギャルや森ガールに対抗して「森ギャル」を提案してきた。
森への無関心を減らしたいと考えて、活動してきた。
たまたまメディアの目に留まり、東京から森に関心がある人たちをバスに乗せて田舎へ赴き植林するイベントを実施したら、次回開催の呼びかけに対してはバスを大型4台借りるほどの多数の応募があった。
そこで森への関心はあるけど、ぶつけ方がわからない人が多いのではないかと思い、森に関する情報を町においておけば気が付いて反応があることが分かった。

IMGP2502.JPG

山本: 日本森林ボランティア協会とあるが、活動は関西で、おととし20周年を迎えた。設立当初より森林大学という後継者育成を目的とした講座を開設していたが、当初は大変評判が悪く活動地を探すのに苦労した。
今では、問題はない。しかし、本日の基調講演を聞いていて、先日活動を行ったメンバーの8割近くが70歳以上だった。
高齢化してきている。

能口: 有限会社ウッズの代表をしている。
フォーラムのチラシの一番左上の写真は、立木販売システムの一環で伐採見学ツアーの写真で、施主と伐採した木を囲んだものである。
(山の棚卸をすれば)現在も私は同じ位置にいる。
山主が二十歳の時に植えて枝打ちをしながら育てた木がどうなったか「山の棚卸し」して確認しているところの写真である。
有限会社ウッズは、林業・製材・木材販売・設計まで建築以外の工程をすべて6人で動かしている。
地域の森林を経営計画や利用方針をたて、どのように活用すれば山元に還元できるか常に考えている。
現在逆向きのニーズが高まっていて、自分たちで製材したものを全国へ販売するのとは違って、自分たちで製材したものを自分たちで売っていく手法を地元の方に教えている。
地元の自治会の林業経験がなかった人に山に入っていただく仕組みづくりをしたい。
技術指導を交えながら、担い手を育てる事業にも取り組んでいる会社である。

IMGP2498.JPG

■ 森と所有者をつなぐ

安田: みなさん、自己紹介ありがとうございます。
「森を救う市民活動はどこに向かうのか」と題しているが、第2回で聞き手の中島彩さんに「森と町をつなぐ活動もあるが、森と所有者をつなぎたい」とあった。
実際の森林での活動について現状をお聞かせいただきたい。

山本: 最初は森林ボランティアに何ができるのかと高をくくられていたが、今はそうでもない。森林施業については、森林所有者がどのような森づくりを考えているか、考えに応じて行ってきたが、近ごろでは、森林に全然興味がない方が圧倒的に増えてきた。
「好きにやってくれ」と言われる。
嬉しいやらさみしいやら。

安田:以前は植林をする理由があったが、動機が立ち消えてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

能口:地域材フェアトレーディングを愛知県木の駅プロジェクトで取り組んでいる。
軽トラックに材を積んでストックヤードに運ぶと燃料用になる。
地域通貨などに変えて、地元の最小限の林業を展開。しかし、製材所の立場からすると寄せられる木は3-5倍近くする値打ち材だった。
地域資源として活用ができてないことを目の当たりにした。
販路がそこしかないから出荷しており、山主があきらめているのか、情報が手元にないから判断ができないのか、地域に眠っている材を自分たちで評価して製品化していく仕組みを構築し、資源量を確認して自分たちで売ることを実験でやっている。
山主があきらめて地域でこれをやると非常に驚かれる。そこから変化が生まれないかと思う。
森林を持っていて、製品はどのようなものか、誰に託せばいいのか全然わからない状況が広がっている。

安田:森林所有者側の利益になる情報提供ができていないのではないか。

能口:自ら判断できるツールを広めていこうとしている。

安田:森に関わるのはいいのだけど、じゃそれをどうするのか。
所有者にコミットするのはとても大事だと思う。
川北さん、人口減少の中で自治会や共同体が担っていくケースで林業に近いケースはあるか。

川北:地域に必要な事業をどう続けていくか。
ただ長寿の国ではなく、健康長寿であるためには次の構成要素が必要である。
①好きなこと、②得意なこと、③世間が必要とすること、④稼げること。
高齢者が年金しか所得がないのか年金以外に現金所得があるのか、が大切になる。
高齢者の買い物支援には3つある。
①送迎、②移動販売 僕は両方とも賛成ではない。年金を吸い上げているだけだ。
③地産地消 これは有効だ。島根県雲南市のある地区には200世帯しかないが、山間部には自分で作ったもので十分売り買いができる。
さらにお茶のみの場を加えると十分になる。なぜ重要かといえば、買い物ができない=誰かと一緒じゃないと買い物に行けない、ということだから。
地域に拠点があるだけで、年金を使う生活だけでなく自分たちが年金収入以外を稼ぐ場となる。
木の駅と地域通貨。地域循環を促すには良い仕組みだ。しかし頑張りすぎると税務署やってくる。
今のところは地域通貨には気づかないふりをしてくれているが。地域通貨のよいところは、夫が入手した場合たいてい奥さんに渡す。
地域でしっかり通貨が回る仕組みになっている。
木の駅は、それ以外のできることの拠点になれば、高齢者向けだが、例えば軽トラの朝市に変わったら地元にお金が落ちる。
木の駅本来の目的だけでなくて、他の目的も含んだ機能をもつことは大事。
若い世代には、山間部に製造業がなくなってきたと考えると何と組み合わせていくか。
(別の市町村の)山間部で製材所の息子で犬小屋製作販売を営んでいる方がいる。
これはICTのおかげで東京をマーケットにしている木工会社で、お客様から家の図面と内装写真や犬の写真を送ってもらって、イメージに合った犬小屋を3Dで作成してお客様に提案している。
このビジネスモデルだと、東京で事務所を構える必要がない。
山間部での木材を活かした起業の仕方を一から教えてくれている。
東京に一時的に修行に行くのは仕方ないが、いきなりUターンして地元で仕事をしろというのではなく、地域に戻って木を仕事にする可能性をどう地域に教えるかまでさかのぼらないといけないと考える。

安田:林業の話にモチベーションをどう作っていくかが気になっている。「いいことだ」とわかっているが、本気でやるのか。森林所有者さんへつなげていくことが大事だと思っている。

IMGP2504.JPG

■誰がまちのニーズを森に伝えるのか

安田:林業女子会や森のライフスタイル研究所が助成金を取得しているのを見てきて、サウンドウッズも助成金を取得しようとお二方をこの10年ずっと追いかけてきた。
いろいろなチャネルを作ることについてはエキスパートだと思うが、ご苦労はあったか。

井上:苦労は言わないことにしている。私の出発点は竹垣さんと同じく森ガールへの対抗心。
よく林業界への女性参画運動だと思われがちだが、全然違っている。
私も1つのライフスタイルとして都市部の女の子が林業してもいいのではないか、と考えていて、森林に興味を持ってもらうためにフリーペーパーを作ったり女性限定の林業体験を提供したり。
「森林ボランティアは男性が多いけど女性だけだから入りやすかった」という意見をもらうと嬉しくなる。
活動を続けていて最近は「実は森林所有者で実家に山があるけどどうしていいかわからない」という主婦の方などが、林業への入り口として林業女子会に入ってくる。メンバーの中には林業のプロもいるので、相談のきっかけになったのでは、と思うところである。

安田: すごく画期的で女性の森林への入口にフォーカスしたということですね。
竹垣さんはどうでしょう?
最近企業の会議室でやっているとか?

竹垣: 森を整備しても現金収入は得られないので、個人の寄付もいいかもしれないが恥ずかしくて言えない。
自然と企業からどうやって賛同を得てお金を集めるか、考えるようになり、CSR活動や社会貢献になるプログラムを制作することになった。
会社がバスを用意して離れた森に行くことになると予算範囲でしか、限られた人しか行けない。そこで平日に森とつながることができ、国産材を使うと森を守ることにつながるので、企業の会議室で昼休みに従業員に木のモノに、やすり掛けのひと手間をかけてもらうプログラムを作って企業に購入していただき、プログラムの中でプレゼンをして日本の森に関心をもってもらうことにした。
関心を持ってくれた従業員は、フィールドに参加してくれたり、従業員の助言で企業から寄付につなげることができる。
また、森林所有者側も町の人が来てくれて森がきれいになることを歓迎してくれてやる気を出してくれる。

安田: ひと手間がかかった木の積み木をどうするのですか。

竹垣: 会社のロゴを積み木に入れて、保育園などに寄付する。木のおもちゃは割と高額なので喜ばれる。

安田: 企業のCSR活動の一環で積み木を作成するが、企業のロゴが入っているので広報になり、保育園も喜ぶ。三方よしの企画だ。
企業もCSRに関わっていかないといけない。そこはボランティアが繋いでいかないと、と思うのだが、なかなかチャネルがない。

川北:ボランティア現地参加となると10人ぐらいにとどまるが、企業の従業員ともなると1000人規模になる。1000人中10人でいいのか疑問になる。
「会議室でお昼休みに」は「企業で・ボランティアで・ライトなもので」に該当する。
例えば、古本を従業員より集めて中古買取販売店で現金化してNPOに寄付するとなると、誰でも参加しやすい。こういう取り組みに関心が高まっている。
また、SDGsにどう関与しているか、ということも要求されている。
社会貢献の担当者を置く会社と置かない会社を比べると、置かない会社の方が多い。
マイクロソフトもついこの間までなかった。それは従業員目線で続けられる活動をやっていきたいからだ。
じゃ、その費用をどうするのか、最近では会社が用意するだけでなく、従業員から費用を募ったり、進んだ会社では給与から天引きになっている。
会社からすると、より多くの社会貢献をしたい、森に入る人も大事だが、森に行かなくても森につながってくれればさらに良し、と考える。野鳥の会では、四面真っ白の会議室に6台のプロジェクタを使って360度カメラで撮影した森を再現。
SNSで見ただけで森に行ってみようという気にさせるのなら、会議室では現場をどのように見せていけるか、(知恵の見せ所)ではないだろうか。
森ガールは、どうせ飽きるのではないか。そこで2タイプに分かれる。本気で森林活動にコミットする人と、次はライトなアクティビティとしてジョギングを選ぶ人に。自分たちだけでリクルーティングができるかというと、チャネルもないしそこに掛ける人材もない。
そういう活動をやっているところに、ウチにも来ない?
と誘ってしまって組んでみてはどうだろうか?

安田: 総ざらいしてもらいました。


■行政ができないことを市民活動が担う
安田:地域の木を使って建築するとなると、縦割りの行政に対して横串の役割が必要であり、そのような仕事を探してきた。

川北:NPOは「営利ではない」、NGOは「政府ではない」、そんな否定的な言葉ではなく前向きな言葉はないのかとずっと言われてきたが、市民社会組織では定着しておらず、ない。
NPO的な活動も2パターンあり、「ちゃんと成果が出るまで続けていきましょう」と「自分が辛くなったらやめたい」の本気度の違いがある。積極的定義は難しいが、企業の方にも行政にもこの水準までやる覚悟があることをどう見せるか。その覚悟を見せずして、セクターとしてどっちかというのは良くない。
せっかく専門性を持っている方がいるので、株式会社でやる部分やNPOでやる部分をポジティブに分けるかだと思う。
民家再生リサイクル協会は、途中で学者と古民家好きな人と専門家で協会の理事になれない流通に分けた。
そうすることで特定の業界の利益になっているわけではないことを示した。

安田:NPO活動をする必要はないが、NPOにするには何かこだわりでもあるのか?

竹垣: 2年間任意団体だったが、企業に会ってもらえなかった。
社会の一員として信頼を得るために法人化した。

山本: 法人格を取得して入れば森林を相続できると言われて、2000年に取得した。実際は相続に至ってはいない。
その後、行政の話で対象団体として四番目ぐらいにNPOがあがることがあり、手続きは煩雑だが法人格を取得していてよかったと思う。

安田:NPOとして竹垣さんと同じく私も家族を養っている。NPOだから稼がないのではなく稼ぐNPOとして、ちゃんと持続的活動をどう仕立てていくか、非常に関心がある。実は10年目にあたるときに株式会社でもいいのではないかという議論があった。
非営利目的の活動をやりつつ、事業を持続的に行うための収益も生んでいく、そういう形であと10年はNPOで運営していこうということになった。

竹垣:NPOなので保育園などにはNPO活動の一環で入っていける。
たぶん企業では保育園側にシャットアウトされるのではないだろうか。
NPOは株式会社の活動ができるが、株式会社はNPOにはなれない。
NPOの方が良い面が多いのかもしれない。

安田:サウンドウッズが昨年、一級建築士事務所登録をおこなった。
NPOとしては画期的なことだと考えている。木の建築を設計するための事務所である。
設計業務は収益性をめざすものだが、木造分野で戦略的にポジショニングをしていく予定である。

IMGP2506.JPG

■会場からの質問

京都の方: 町に住んでいるが町から遠い出身地に山林を持っている。
能口さんの話に勇気をもらった。私どもは立木を手渡すのは木材業者で、ひと山単位いくらで渡してきた。年輪ぐらいは伐採のときに見るが、一本一本どのような価値があるか見ていない。
果たして、この木で家が建てられるのか自信がない。家を建てるなら、木材市場に行って買ってくる。市場には品質がある程度そろっているからだ。
しかし、今日は、丸太一本それぞれの価値を山主がわかっているのかと問い質された感じがした。
山に入る楽しみは娚杉(めおとすぎ)があるなど調査目的だ。癒しの空間づくりを目指している。
昔は弦切りなどをもって山に入ったが、木がお金にならないことがわかったのでやめた。
しかし、(山の資産性について)知らなかったことがよく分かった。
町から遠ければバスで連れてくる発想もなかった。
そういう無知な山主にはどんな勉強があるのか?

能口: 運営しているワークショップでは輪切り年輪の上にプラバンを置いて、いくらで売れる製材品が何枚とれるのか製材の木取りを考えてもらっている。
大事なのは、山主に何パーセント還元できるのか計算すること。
今の流通は価値を評価する機能が働いていないので商品化に対し5%ぐらいしか還元できていないが、30%ぐらい還元できていいと考える。
そのための流通を考え、製品づくりを考えようとしている。野菜の六次産業化はしやすいが、林業では難しくて誰も取り組んでいない。でも、できるようにまずは流通の知識、そして立木の品質を調べ山の資産価値を知るところから始めようとしている。
「森の健康診断」のようなマニュアルを作ってみなさんで調査できる仕組みを広げようとしている。
「山の棚卸し」をキーワードに検索したら、僕たちの活動が分かる。

京都の方: 地域でやるものなのか?一匹狼なのだが。

能口: 山のことを話せる山主グループを作らないと。誰のところからどれぐらい出すか、そこをまず目指す。


篠山の方: 丹波篠山で林業をやっているがバイオマスのNPOに所属している。
林業では収入が上がらないから、副業をしている。どうやったら山の仕事で稼げるか?

能口: 山主への還元率を上げるために山主に何ができるのか、今まで売る努力はあまりされてこなかったが、そのための調査から始まる。
戦略を立てて、例えば地元の工務店と話して山の木を見てもらうこと、丹波篠山でもそういう動きがあると聞いている。
山主として、こういう使われ方をしたいと言っていただければ、その受け手は地元に必ずいるはずだ。

山本: 農業と林業の違いは、林業の場合は放っておいても木が育つだけ。
お孫さんの代にはお金持ちになるのでは。

竹垣: 木を伐採して植えると大きくなるまで時間がかかる。
今の世の中はトイレットペーパーの芯でさえも工作の材料として10円で売れる時代なので、森の中のステキな葉っぱ一枚や倒木に生えた苔など、世の中には変なことに興味ある人がいろいろいるので、情報発信していけば、世の中の流行が分かる。
そこをターゲットに森の中の価値あるものを販売していってはどうか。

井上:葉っぱビジネスが良いと思う。
先日、クリスマスリースを作るのに所有林に一日入ってリースを作った。
一日山で遊べば出費も抑えられるし、集めたものを販売できる。
山での楽しみ方を知っていくことも大事だと思う。

山本:先日、若手の和菓子職人が栗のお菓子を作るために大阪府能勢町にあるヒノキを皆伐した。
そのヒノキをSNSにアップしたら、いろんな方が反応して販売に至っていた。
林業家が皆伐をSNSでアップしても反応がないが、若い和菓子職人の場合、林業家にないネットワークで伝達していくので新しい反応があったのではと思う。
そういう発想も大事だと思う。

安田:いろんなところにチャンスがある。異業種の視点で篠山周辺のネットワークを組んでいけばと思います。


■ まとめ

安田: 最後に今後10年を見越して一言お願いしたい。

能口: 会社のスタッフには55歳で退職するぞと話しているのだが、現在、林業から販売までの体制ができていて専門性を持った人がそろっている。
すごい勢いで小さな製材所がつぶれていく中で、地域の仕事としての小さな製材所の役割を担うことを目指しているところがほとんどない。
製材所がなければ地元の山の価値は高くならない。
量産型の燃料向けの林業では、高価値にならない。
集落の構成員の役割の一つとして、地域が持って資源を100km圏内で活かせる仕組みを作っていくことが大事。
後世これを面白い仕事だと思う若い人がいれば、地域に会社は残る。企業というよりは地域の仕事としての感覚だ。
これから10年、エリアを限定してどう暮らすか、地域を活かしていける会社になっていけばいい。

安田: それは、まさしく、「有限会社ウッズ」のフランチャイズ化事業でしょうか・・・

山本:木の駅ではないが、林地残材を森林組合が買い取る説明会を大阪府能勢町で開催したが、結構よい材が集まったが、チェーンソーで木を出すことができなかった。
森林大学の内容を住民の方に林業入門編として講座を開講する。
そして林業を始めるきっかけにしていただきたい。

竹垣:これからも10年続ける。続ければ何かが見えてきて、何かは変わる。 

井上:10年以内に終わりたい。女性林研、ネットワーク21、そして三つ目の団体になるが、林業女子会も終わりを迎え、そして次には新しい芽が出てくるものだと思う。

川北: 森林は所有者の問題だったが、共有材として使っていかないといけない。
専門性を持った人が開いた存在でいるのか、森が好きな人が集まっているだけとみせるのか、見せ方の問題だと考える。
森林ボランティアの方がいいのか森林活動のサポーターの方がいいのか。 
地域の森に関連する困りごとをサポート・カウンセリングできますよ、と専門性をもってコミュニケーションができる立ち位置が求められる。
介護は介護職だけではできない。森林活動を週末だけの特別体験とするのではなく、日常的に生活の中に持ち込むのと同時に、森林の困りごとを相談する先としてワンストップの役割をコーディネーターが担えばいいのではないか。
サウンドウッズの木材コーディネーターは木材と流通に着目しているが、専門性を持ちつつ森とともに暮らすことそのものをコーディネートする、とカバーする域を広げておかないと木材の困りごとじゃないと相談できないようになってしまう。
それは非常にもったいない。
だからと言って木材の流通でしか収益を上げられないので、有償の仕事と無償の仕事に仕分けして明確に打ち出すことが必要。
森でご苦労されている方にとってのワンストップの相談窓口という存在ができるといいかもしれない。
同時に、既存で活動されている方とこのような重なり合いがあるか見せていただければと思う。
独立した職種として見せるのではなく、いろんな職種の人を助ける存在と見せられれば、と外から期待している。 

安田:川北さん、ありがとうございます。
先のことが見えにくい世の中だからといって目標を持たないわけにはいかない。
目標をもって取り組むことで、取り組みの結果のずれやステップアップを図ることが可能になる。
10年かかって立ち位置を自覚するところまできたが、目指すべき到達点の設定が次の課題になるんだろうな、と思った。 
焦ることはないと思うが、できるだけ早くサウンドウッズは目標設定していきたい。
パネラーの方にもぜひ、ここを一つのスタートラインとして、将来振り返っていただければ、私も嬉しく思う。

本日はありがとうございました。 




2019年2月22日
[ お知らせ ]

【大阪プレ講座2/15リポート】設立10周年記念サウンドウッズフォーラム

sP1420012.JPG 

 

法人設立10周年記念ウンドウッズフォーラム2019 
 
第二弾 大阪プレ講座  「森と林業の10年」
 
 
【日時】     2019年2月15日(金)17:00開場 17:30~20:30

【場所】     近畿中国森林管理局レストランsoma杣
                大阪市北区天満橋1-8-75)

【プログラム】
第一部 基調講演  田中淳夫氏(森林ジャーナリスト)
第二部 トークセッション 
パネラー:田中淳夫氏 (森林ジャーナリスト)
聞き手: 中島彩氏(有限会社ウッズ森林管理部・木材コーディネーター)
進行: 安田哲也 (NPO法人サウンドウッズ)
 
------------------------------------------------------------

■ はじめに

司会(安田): 
今年の3月でサウンドウッズが法人化して10周年となります。
この10周の節目に3回の講座を通して、これまでの10年とこれからの10年について、私たちがどのように森と関わりを持っていくべきか考えていきたい。
第2回目となる今日は、「森と林業の10年」について、講師による基調講演とトークセッションで皆様と考えていきたい。


sP1410983.jpg

----------------------------------------------------------- 

第一部 基調講演
 「絶望の林業から希望の林業へ」  田中淳夫
 

■はじめに
 
□ 現在「絶望の林業」を鋭意執筆中である。林業の活性化を目指しているが、結果としてちぐはぐな結果を招いている。現状、林業再興に手の打ちどころがないのでは?という趣旨で執筆中であるが、原稿の最後には「希望の林業」についても触れることにしている。本日は、夢をかたるという意味で、「希望の林業」についてお話ししたい。

□ モノゴトには、現状の問題を解決して進む「フォアキャスト」という進め方と、理想の在り方を設定し実現のために、それでは今は何から始めるべきかを考える「バックキャスト」という進め方がある。
フォアキャストは目の前の利益を追いかける風潮があり結局どこへ向かっているのかわからない。私の考える「希望の林業」は、バックキャストで進めるべきであり、現状の中に理想に近づくための種がないか探している。

□ 私が考える希望の林業とは、
(1) 生態系が豊か、
(2) 森林が持続的、
(3) 森林経営が安定、
(4) 伐採(皆伐)→植林→伐採(皆伐)→植林の循環に収益安定性がみられるか
を前提としている。
 
 
1.中欧の恒続林林業

□ 中欧の恒続林は、異齢林であり多様な樹種の針葉樹と広葉樹の混交林であるため、択伐方式で伐採をしている。だから森林のカタチが伐採によって大きく変わらないという特徴がある。
 
□ 皆伐することがないため、土砂崩れ等に備える防災コストを削減できる。多様な樹種と林齢のため、多様な商品生産が可能であり、リスクマネジメントができる。
 
□ スイスでは、フォレスターが木材販売を請け負い、森づくりにつなげている。画面の恒続林はまるで雑木林のように見えるが、植生している樹木20種のうち19種までは売れる樹木。フォレスターが売り先を探して販売につなげている。

□エメンタールの森では稚樹が育っていなくて「(森づくりに)失敗した」と言われているらしい。我々にはそうは見えないのだが・・・

□製材工場や仕分け機などは巨大で効率化している。集成材も作っていて、高級建材や窓枠サッシを製品にしている。一方で端材などはペレットなどの燃料にするなど、隅々までなんでも商品化している。日本にも恒続林はある。大分県後藤山林や長野県の荒山山林など。
 

2.ファンドによる森林経営
 
□ アメリカでは、投資ファンドが森林を所有し林業会社が経営している。林業コンツェルンがあり、細い木は集成材合板MDFに加工し販売している。アメリカでは、無垢材よりは集成材の方が好まれている。

□ 投資ファンドと聞くとハゲタカのイメージがあるが、ポートフォリオのうちの一つと捉えている。ポートフォリオは短期利益商品と長期利益商品の組み合わせであり、林業は長期利益商品と考えられていて、育林ビジネス、証券化による転売、多様な木質製品による多様な販売先が可能と捉えられている。実際に10%の利益を上げている。
 
□ 日本でも、似たケースはある。日本の大山主は多角経営を行っている。住友林業4万ha、三井物産3.5万ha、王子製紙は19万haの森林を所有しており、三井物産では林業で3億赤字だが、別の部署が数兆円黒字のため影響がないとのこと。逆に、林業会社がデパートを経営していて黒字部門が林業の赤字部門を補填するところも。キャンプ場を経営して短期利益を上げる林業会社もある。理想的な林業を行うためには、短期利益の事業も行うのは必要だと考える。
 赤字部門を切り離せばという意見が社内にあるかもしれないが、そこを制するのは「社是」「家訓」であり、例に挙げた会社では、森づくりが赤字でも取り組むべきと考えている。
 

3.近世・近代の吉野林業(江戸中期~昭和初期)

□ 吉野林業では、資本(山主)と利用権(山守)が分かれていた。宗教ネットワークが発達していて、信徒の町が作られていた。川下の情報が川上に届く仕組みができていた。川中での加工業が発達。吉野杉としての宣伝などブランディング力が上手だった。

□ さまざま林齢の木が製品化されていて、直径2-3cmの銭丸太は格子に使われ、10年たてば建築足場、20年たてば磨き丸太(節がある「出節」は流行によってニーズがあった)、40年超えれば建材、100年超えは樽丸(樽用木材)とするなど。端材の商品開発が盛んで、割り箸や三宝、和紙、漆器、葉を線香に使用して生産していた。薬草の産地でもあったため全国からの薬売りによる情報収集も可能だった。
 
□シーズとニーズをつなぐコーディネーターの役割が大きい。
 
 sP1410939.jpg
 
4. ここまでのまとめ

□ 「希望の林業」とは、林業だけで収支を考えない「経営の多角化」、森林資源はすべて商品と考える「林業の多角化」、環境保全や防災まで視野に入れた「トータルコスト概念」が必要であり、持続的で長期視点で経営していくことを、私は目標に掲げたい。ヨーロッパの恒続林林業、アメリカの投資ファンド、過去の吉野林業はこの点を実現している。

□ 原木はプロダクトアウトだと考えている。マーケットインで市場のニーズに合う木材を作るのは難しい。特に、大径木や磨き丸太など生産には100年必要で、ニーズに対応できない。良い森にするのは川上の仕事だが、商品化するのは川下の責任。いかに高付加価値の商品にするか、そして高価格商品の利潤配分をしていくか、そこが肝心だ。その事例を次に紹介する。
 
 
5. 具体的事例
 
事例1:流通の低コスト化「伊佐ホームズ(東京の工務店)」

□ 立木価格を1.5倍から2倍にする目標を立て、そのために工務店の計画を製材所などに通達し、(木材に)QRコードを付与し情報の一元化をして公開し、所有権の移転は1-2回に抑えることで、実現した。株式会社を設立し、製材や設計が同じ会社の人間となることで、業者間のやり取りで発生する利潤の均等配分を可能にしている。

□ ここからわかるのは、所有権移転コスト、営業コスト、工場稼働コストとロス、在庫コスト、販売ロスなど様々な費用が不要になることだ。
 

事例2: 高付加価値化 「改質材料の時代」

□ 人工林の針葉樹は供給過剰で値段が下落、天然林の広葉樹は枯渇して高価格になっている背景から、針葉樹を広葉樹並みの強度や耐不朽性などの性能をもつことができないか、とノルウェーで開発されたのが「ケボニー材」である。天然性物質をしみこませることで実現。無塗装で30年間製品保証している。海岸での利用や建材、楽器、食器と幅広い利用が見込まれている。

□ 「ケボニー材」はスギの海外輸出を視野に入れている。ケボニー材は、スギの2倍の価格であり、イペ、ウリンなどの高級南洋材に匹敵する価格になる。日本で導入するためには、パテントの問題のほか、森林認証済みであることなどハードルが高い。
 

6. まとめ

□ 流通を変えて2倍の立木価格を実現する例や、木材の質を変えて2倍の価格を実現する例を紹介した。

□ 本当の希望の林業とは、大前提は健全で豊かな森を守る持続する経営であり、地域の雇用や経済活性化に寄与する林業であるが、その前に林業は森林へのかかわり方の一部に過ぎないということを意識する必要がある。
「林業が振興するなら山村は滅びてもかまわない」という考えには疑問。

□ 林業ファーストではなく森林ファーストである。森へのかかわりには、「愛」が必要である。
 
sP1410911.jpg
 
------------------------------------------------------------

■ 聞き手(中島)より質問
 
中島Q. 「絶望の林業」ではなく「希望の林業」について60分語っていただき、最後に「愛が必要」と聞いて安心した(笑)。
いかに木一本の価値を高めるかを考えながら10年間現場で木を切ってきたが、山づくりは地域の風景を作っていると考えていて、ファンドなど短期的な視点で経営が進むと、もし方針転換などが頻繁に起こるようなことになれば、山のある風景や地域の人たちが変わってしまうのではないか・・・と恐ろしく感じる。ファンド会社には、山の所有者の存在は視野にあるのか気になった。
 
田中A. ファンド会社に任せていいのかというと、結局、そのファンド会社の社是や方針がしっかりしないといけない。実際は、有言実行かどうか監視しないといけないが、私はファンド会社による林業復活の可能性は十分にあり得ると考えている。日本ではバブル崩壊後に投資ファンドが弱体化した会社を買い占めたがその投資ファンドによって復活した会社がはるかに多かった。ファンド会社も自社利益を高めるためにも、森林が荒廃することは望まないと考えているはずなので。
 
中島Q. バックキャストについて。環境も経済も防災も全部視野に入れ目標を定めて、じゃ1年後具体的なアクションとは、どのように考えておられるのか。
 
田中A. 地域によって森林状況や周辺環境が異なるので様々だと思う。30年後どうするか決めて、広葉樹があるから今のうちにデザイナと組むとか、家具メーカーやプランナーとくむなど、それぞれ自分決めた目標によって、今取り組む内容が変わる。

sP1420142.jpg


スライド5.JPG

第二部 トークセッション基調講演

 「この先10年に求められる森を育てる人」  

田中淳夫 × 中島彩

司会(安田) : ここからはキーワードを準備しているのでそれについてお話しいただきます。


■ 就業人口減少・労災発生率
 
中島 : 林業の現場に入った時に「ケガと弁当は自分持ち」と言われたが、
この言葉にあるように飯の前に「ケガ」が上がるほど危ない職業は他にないと思います。
木を伐採するときに「伐倒木はきままに倒れる」と先輩に教わって、
「ほんとに来年まで生きていられるか・・・」と不安になりました。
自分の身は自分で守ることを守るものだと学んだのですが、
林業従事者は毎年40人、ほぼ一週間に一人亡くなっている計算です。
今の様な状況で、この業界に新規従事者を募るのはどうかと思っています。


田中 : 外国人労働者と林業というテーマで記事を書いていたが、
林業は新規募集は30年前から行っている先進業界だ。
が、従事者は10万人から4.5万人に減少していて、増えていない。
亡くなっている方は、2017年で全産業の平均が2.2人だから15倍の割合である。


中島 : 林業は「見て覚えろ」「いやなら辞めろ」「できないヤツはいらない」というスタンスなので、
林業従事者が増えない。
森を守りたいという目的で新しく入った人も第一段階で辞めていくいくのを見ていて虚しい思いをしています。


田中 : 離職率が高い理由にケガ(危険な職業)と待遇の悪さがあると思う。
日当月給制も課題だと思う。
そんな中でどうして、中島さんは10年間続けてこられたのか?


中島 : 鹿児島、広島、長野、兵庫丹波と転々と林業地を移ってきたが、林業をやめようと思ったことはない。
目的があるかではなくて、目的を持った会社や仲間に出会っているかが大切なことだと思う。
今の会社では(代表の)能口さんが全くブレない「一本の木の価値を高める」というビジョンを持っていて、私が賛同しています。
林業(会社)のビジョンと夢を見る社員とのマッチングができていないと辞めていくのではないかと思う。

52452460_10218345241693410_2136866716477554688_n.jpg


■ 教育システム・木育・環境教育・林業大学校
 
田中 : 中島さんがバレエダンサーから林業従事者に転身した点について聞いてみると、
親戚に樹木医の方がいて森のお医者さんになりたいと考えた時期があったと話があり、合点がいった。
近頃、木を伐採して儲けるとか地域振興に寄与するとか経営の話ばかりであり、
本質的な拠り所として「森を良くしたい」という目標がないと、根本がふらついていくのだと思う。


中島 : 林業大学校で安全面をみっちり教わって、
卒業後、林業事業体に就職したが、現場では全く安全面の対策がなされていない。
地元の個人事業主の方と仕事をしたときに思うことなのですが、
親方の安全意識が低く、当然スタッフのみなさんの安全意識が低い状況だった。


田中 : 林業事業体では「見て覚えろ」の世界だが、
林業大学校ではシステマチックに基本を教えている。
これで救われている方も多いはずだ。


中島 : 安全は誰かに言われてするのではなく、
自主的に身を守ろう、と思う会社であるべきだ。
自主的にどうすればいいか考えられるような状況にできないかと思う。


中島 : しかし5年たってから弟子の方に安全面について気が付いたらしく、質問を受けた。
このタイミングがチャンス。チェーンソーを扱うときの防護服などを紹介して、
着用してもらって、長距離バスの運転手でも事故をするからシートベルトは大切だとたとえ話をして納得してもらって、
今では完全装備が実現しているのです。


田中 : なかには林業大学校を卒業したての新人が現場で防護服を着用したことで、
現場の従事者に広まったケースもある。初心者の時に安全を教えるべきだったのに、
カタチ(現場で従事するところ)から入ったからわからないというもの。木育でも同じだ。
木を触れれば木育になるのか、いや、木がなくなると虫や小鳥が困るところまで解説しないと、
きちんと教わらないと、木育とは言わない。
木を切ったらかわいそうという人がいて、木を切ったことにより下草が伸び他の木の枝が伸びるというイマジネーションがない。


中島 : いまだに、木を伐る林業は自然破壊だと考えている人がいる。
林業は発信能力が低い。これは落とし穴ですよね。 
林業は造林したり下刈りをもくもくとするイメージがあるが、
木の搬出にはコミュニケーション能力が相当必要。
特にイマジネーションは必要。オペレーターはどうすればいいのか次にこの重機が動くためにはどうすればいいのか、
伐採者はどうすべきか、気づく人・気遣いができる人が求められる。


田中 : ヘルメットをかぶりなさいではなく、ヘルメットをかぶればどういうメリットがあるか、
本来はイマジネーションをはたらかせるべきだ。

sP1420092.jpg 

■ 林業・木材産業の新技術

中島 : 林業や木材産業の新技術について、私は残念ながら、全く興味がないのですが。
会場の皆さんはいかがですか?興味のある方は??何名かいらっしゃいますね・・・


田中 : 新技術によって低コスト化・機械化がすすめばますます林業従事者が不要になるのではないか。


中島 : パワースーツなど他の業界では取り入れられているが、
男女の差をなくしたいのか。個人個人にできることがあり、それを見極めて別の仕事につけばいいのではないか?
女性に何を求めたいのか、その目的は何なのか。


田中 : 林業従事者の頭数を増やすために女性も参入してほしいのではないか。


中島 : 女性は、女子会ノリで、集まって盛り上がって行動に移せるのか、
男性にはない女性のパワーではあるけれど・・・。


田中 : 女性が現場にいると男性陣は仕事が丁寧になる、というメリットはあるかな(笑)


■ フォレスター・木材コーディネーター

田中 : フォレスターは「森林総合管理士」と名を改めたがあまり使われていない。
海外のフォレスターは、木材を販売して利益が出なければクビにすることができる。
日本のフォレスター(森林総合管理士)には、森林所有者に対して、
森の管理に必要な「伐る伐らない」という判断を示す、森づくりにつなげる権限がない。
現状は、なんら拘束力のない「伐採届の検査」程度の役割りにとどまっている。


中島 : フォレスターの受講生は、全くの素人か林業従事経験者になるのでしょうか?


田中 : どちらがいいのか議論されているところのようです。
林業大学校ではチェーンソーの扱いを教えているが、
フォレスターの養成で教える必要はないという考えが一般的なようですね。
本来は、欧州のフォレスターのように、つなぐ役割を是非学んでいただきたいのですが・・・。
山を見て皆伐して、いいのか悪いのか?崩れやすい地質を見て再造林が必要なのか否か。
どこの製材所で価値がでるのか、広葉樹はチップ以外に製紙工場がいいのか?
など、総合的な判断できる人材を育てるべきだと考えています。


中島 : 誰が幅広く教えるのか?


田中 : 木材コーディネート基礎講座卒業生、
木材コーディネーターが講師ではないでしょうか?中島さんの仕事!


中島 : 有限会社ウッズでは森林から製材、木材販売、設計までがそろっている。
しかしそれぞれ専門用語を使っていて言語の違いが多すぎる。
学んだことがつながって気づいた時の達成感は格別。
建築物の建主様に、「この木はお宅の梁になる木です」と説明できたとき、
建主様に「そうか!」と納得してもらう仕事に携わることが、森に関わる仕事のやり甲斐につながるのではないでしょうか。


田中 : 確かに、間に立って、双方を通訳するような仕事が必要ですね。
まさにコーディネーターなのです。そのためのスキルはまさにコミュニケーション力です。
スイスのフォレスター養成学校を視察したことがあるが、
ほとんどの時間をコミュニケーションの授業に費やしていました。


sP1420158.JPG



■ 会場からの質問やご意見

A氏 : 林業従事者は木を伐採して売ってきたわけだが、
希望の林業は幅広く手掛けて必要がありバックキャストでやっていこうとすると、
いろんなことを覚えていかないといけない。大変ではないですか?


田中 : 自分にとって必要なことを頭に入れて、
広い視野を持って、わからないことは誰に聞くかわかっていればいいのでは。


中島 : 何かを教えるときは「ワクワク感」だけ伝えるようにしています。
どうやって安全を考えてくれる人になるかな、と突き詰めるのは「苦」ではない。
「いろいろ教えなきゃ」ではなく、個人的に学べる意識を育てることが大切だと思います。


B氏 : 林学を専攻しているが、今後林学に求められることは?


田中 : 林学では研究をしているが、現場へ返っていない。
しかし、基礎知識を持っていることで例えばメディアの記事を見ておかしいことに気づくことができる。
林学の基礎を持ったうえで、何に活かせるか、どう活かせるか考えてほしい。


C氏 : 日本列島にとってどんな森林が必要なのでしょうか?


田中 : 森林がなくても暮らせる答える方もいらっしゃるかもしれませんが、
森林はなぜ必要かと問われると、本来、人は森が好きであり、
森がある地域は心が豊かになると思っている。
森があることが前提で、森林に人が関わってどう良くしていくかだと思う。
これからの取り組みとしては、森にかかわる情報発信しかないのではないでしょうか?


D氏 : 本日の講座を聞いていて、森と街の間に立つ木材コーディネーターの必要性を強く感じている。
地元で広葉樹の小径木は、チップやパルプにすると言われた。でも、チップ用の原木は、
宝の山のように感じていて、
今、自社では木材の調達先とのかかわりや利用の可能性調査について見直すことに取り組んでいる。
川下で山の木を利用する側の方は、山にどんなものが眠っているかもっと知るべきだし、
川上の方は川下でどのように木材が利用されるのか、もっと知るべきだと思う。
日本では木材コーディネーターが未発達なのかなと思った。


sP1420188.jpg



■ まとめ

司会(安田) : Dさんへのコメントも含めて、今後の10年をどのようにお仕事を展開されるか、
田中さん中島さんに、まとめのコメントをいただきたいのですが。


中島 : これまで山側と消費者をつなぐことを意識してきたが難しいと感じていて、
まずその前に、向こう10年は、現在途切れている山と山主をつなげていく取り組みを行いたい。
自分で植えたけど林業事業体に任せっきりで興味がないという山主に対して、
「一緒に山をやっていく」ことについて、所有者が自分の山に「寄り添っていけるか」、
いろんな提案をできるようにしたい。
これまでは「いずれはどこかに根を張りたい」と思ってきたが、
今は、どこかに根を張ることが目標ではなくて、
やりたいことをやらせてもらえる環境で発信できるのであればいいのではないかと考えている。


田中 : 私の10年後は・・・、老後になるので「引退」でしょうか・・・。
引退でなければ、林業・林政について悪口を言い続けようと考えている。
先日、家具製作の現場でミズナラがなければ製作できないと嘆いていていた方がいたので、
コナラがあるので使えばいいのではと提案した。コナラは使いにくいからと回答されて、
コナラを使っていくことを考えるのがあなたの仕事でしょ、と返した。
課題があるから回答を教えてくださいというのは、結局根付かない。
自分で回答に気づいて見出していかないと、変われないのだと思います。


司会(安田) : 林業は手段でしかないということがよくわかった。
林業を目的化すると木を伐採することに必死になってしまう、そうではなくて森にどうコミットするかが大事であることが分かった。
田中先生はこれからも活字に森への「愛」を込めてご活躍されるのだと思います。

本日は、ありがとうございました。

sP1420151.jpg
















2019年2月13日
[ お知らせ ]

【東京プレ講座1/25リポート】設立10周年記念サウンドウッズフォーラム

01.jpg

02.jpg

法人設立10周年記念サウンドウッズフォーラム2019 

第一弾東京プレ講座
「森と木材製造流通の10年」

【日時】 2019年1月25日(金) 17:00開場 17:30~20:30
【場所】 GEOC地球パートナーシッププラザ セミナースペース
           (国連大学ビル1階:東京都渋谷区神宮前)

【プログラム】   
第一部  基調講演 
講演:    赤堀楠雄氏(林材ライター)

第二部  トークセッション
パネラー:  赤堀楠雄氏(林材ライター)
聞き手:     井上淳治氏(NPO法人西川・森の市場、きまま工房「木楽里」)
進行:        安田哲也(NPO法人サウンドウッズ)

------------------------------------------------------------

13.jpg

■ はじめに
安田氏:第3回の記念フォーラムの日は、サウンドウッズが法人化してちょうど10年。
これまでの活動を振り返り、そしてこれからの目標設定をめざして、合計三回の講座を運営します。
今日がその第一弾。


第一部 基調講演
 「森林国から林業国へ」  赤堀 楠雄

■ はじめに
1988年から取材活動を始め、最初は林業雑誌の記者であったがフリーランスになり、昨年がちょうど30年の節目だった。世の中ではAIやICTが進んできているが、林業はもっと幅広く人と自然が営むものではと考える。キーワードを準備しているので順に話していく。

■ 林業を経営(森林を管理)しているのは誰か
今ある森林(人工林)は、林家がいろんな事情を引き継いで形成されてきた。今は森林資源を利用するために所有しているように、経営者として言われているが、先代が植えて育てたからであり、利用の時代に入っている。過去にコストをかけて植えたものを売ればお金に代わるのは当たり前である。今考えなければならないのは、次の世代に引き継ぐためには、次の森づくりのために、誰かが苗を植えないといけない。

来年度から新しい森林管理システムが政策として始まるが、その政策では森林経営者=伐採業者と位置付けている。伐採は、林業経営における一つの仕事にすぎないのであるけれど、あたかも主人公のように位置付けられている点に違和感を覚える。つまり、「丸太販売価格のうち、伐採や搬出費用の経費を差し引いた額が森林所有者の林業収益」、とこれまで考えてきたが、「伐採業者が上げる収益を林業収益」と考えよいと、とらえられてしまう。所有と経営を分離してしまっている。

林業は、木材を利用するだけではない。育てたから伐採できるのだ。向こう10年、誰が森林を経営するのか、考えていかないといけない。


■ 木材を生産しているのは誰か。木材を商っているのは誰か
約20年前は、森林生産は民間事業体が伐採し、森林組合が造林してきたが、造林に対する助成金が縮小されるのを受け、森林組合が間伐から素材生産にシフトしてきた。

日本最大級の伊万里市場では競りによる販売は7%、残りはハウスメーカーと連携して直売りをしている。伊万里市場では、誰が買ってくれるか仕分けして杯積みを行う。供給先がわかっているから、逆算して利益の中でできる仕事を組み立て、管理費の削減などに取り組むことができている。また、リスクを背負って市売りの手数料を下げて、伊万里市場での流通量を増やし、メーカーの取扱量を増やす取り組みに転換した。

林野庁はサプライチェーンマネジメント(SCM)を作るよう打ち出しているが、10年後には原木を用材向けと発電用チップと分けるようになるかもしれない。

国産材ツーバイフォー部材は、これまで10年一般化されなかった。必要な木材の長さが2.4mなのでロスが増えることが原因の一つ。

吉野の黒滝村にある徳田銘木では、木は必ず売れる、どんな木でも売れることを念頭にあるため在庫が積みあがっている。初期の在庫の原価はわからなくなっていて、代替わりすると、誰が売るかはわからない。

木をかっこよく使いたい、をモットーに大阪羽曳野田中製材所では例えば、ナラ枯れの木を越井木材でのサーモウッド加工(高熱処理)を施し、変わった素材として商品化している。


■ 林業・低コスト造林
仕様規定から脱し性能規定へシフトするべきだ。例えば間伐率30%を一律に推奨しているが、山は均一ではないのでベストではない。山に応じた手入れを進めて「良い山を作っていく」というのが性能規定である。どのように良い山を作るか、林業も差別化が必要である。

■ デジタルアプリケーション
ネットで注文を受けて画像を木に加工など、新しい分野。AIにより木の割れを予測するなど、これまでにない技術により木工が可能である。

山形では製材所でかんなくずを使った造花が人気である。製材所で女性の雇用など、これまでにない展開がみられる。


■ 木造建築を建てているのは誰か?
プレカット工場が、刻んだ後の工場内である程度組み上げて、最終的に現場で組み上げる。建築業界に業務を拡大している。

在来工法を大型パネルで合理化を進めている。断熱材もサッシも工場で組み立て、現場で組み上げる。その合理化が進めば、職人不足の解消になる。

ツーバイフォー向けの工場では、2.4mの採材した残りの材は集成材としてつなぎ合わせて新たに2.4m材を採れるように対策をしている。つなぎ合わせることで、木材のロスをなくすことに対応している。

■ マスプロダクション → マスカスタマイゼーション
BIM(Building Information Modeling)というコンピューター上で3Dを使う手法がある。それを使えば、正確に組み上げられるので現場合わせが不要になり手戻りがなくなり工期の短縮につながったり、シミュレーションを行うことで維持管理コストの試算が容易になる。

この技術を使い、サグラダファミリアでは工期を150年縮めることに成功している。木材の世界にも、影響があるのでは。


■ 変わらないこと-変わってはいけないこと
木の性質は、日本古来より認識されていて適材適所で利用するべきと伝えられてきた。

木の文化も、大径木の倒し方など安全に行うために儀式に織り交ぜることで伝承してきた。

木の個性も、木を割いて籠にする高度な加工技術をもって活かしてきた。

人は自然と関わっていくことはこれからも変わってはいけないことであり、自然と真剣に向き合えば自然の大きさがわかり、自分が何をしないといけないかわかるはずである。

人や自然に相対し傾聴しながら次の10年を歩んでいきたいと思う

07.jpg

■ 聞き手(井上氏)より質問

Q. 森林所有者の手元に残るのは、販売代金より経費を差し引いた残りと説明があったが、提案型林業として、(他の産業のように)費用を積み上げて利益を乗せた価格で販売するべきだと思うが。

A. 経営主体が交代してきているため原価があいまいになってきている(のでそのような計算が主流になっていると思われる)。井上氏の場合は、育林中に発生する間伐材も売れて経費と相殺できたりするので値段の積み上げができる。提案型の価格設定ができるのでは。経費は簿価がわかっていないと計上できない。


Q. 木育について。どうすれば定着するか(?)

A. 第二部で話しましょう

------------------------------------------------------------

03.jpg
第二部 トークセッション
 「木材需要喚起は日本の森を育てているか」

安田氏:ここからはキーワードを準備しているのでそれについてお話いただきます。

■ オリンピック需要とポスト2020
赤堀氏:今はバブルだと思います。オリンピック需要と復興資材需要があります。2020年以降については需要が落ち込み相当きついと林業関係者は話しています。「仕事がないから週休三日になるな」と。
井上氏:木はなくならないし、今も山で育っている。オリンピック需要は感じていません。ここんところずっと、今現在も変わらず厳しい状況だから・・・オリンピックは本当にあるのかな?という感じです。

■ 製材・集成材・CLT
井上氏: 小さい製材所はなくなっていくでしょう。

赤堀氏: 製材所は本当に大事。集成材は製材(ラミナ)を貼り付けて出来上がることを忘れずに。
先日有限会社ウッズの製材ワークショップのお手伝いに行きました。どの向きから挽くか、原木を見極め、時間をかけて実習しました。木を知るためには、製材技術を持たないと木を見る目は養えない。

井上氏: 九州の大規模製材工場を例に、単品種の量産工場が地方に拡大しているが、それが山を活かすことになるのか

赤堀氏: 九州だと中国木材かな。歩留50%で、残りは発電に回す。

安田氏: 川上と川下が互いに事情がよくわからずに使っている場合がある。いろいろ手法があると思うがタッグを組んでチャンネルを作ることで、状況が改善するのでは。

赤堀氏: 製材と集成材を比較すると、原木の価値を高めて、歩留まりを上げることができるのは製材です。集成材は、長さ方向にも欠点を外してフィンガジョイントすることで、いいところだけを集めて製品化します。結果、原木から製品になる率(製材歩留)が低くなる。B材やC材などの低価格の原材料の活用が前提でなければ、採算が合わない。

06.jpg

■ 住宅・非住宅
赤堀氏: オフィスについてはリノベーションの需要があると聞いている。働き方改革などで在宅勤務が増えると出社してもらうためにオフィスを快適にしたいとニーズが上がっている。
6月に建築基準法が改正されて内装制限が緩和。耐火建築や燃え代設計の考え方が改正された。防耐火に詳しい安井昇さんの講演会で、「節抜けがない無節の材が防耐火用材としてニーズがあります」と話されていたので、節のない優良材の売り先として防耐火性能を有する防耐火建材が拡大するのでは!と期待しました!(安井先生からはそれ以上、優良材に関する言及はありませんでしたが・・・)  板にすると節がない材が求められるマーケットは、枝打ちされた立木の出番。このことは川上に伝えておかないと。

井上氏: これからの防耐火性能を備えた内装材需要で、優良材市場はバラ色ですね。ちなみに。うちの森はすべて枝打ちしてありますから!儲かりますね!!


■ 木育・ユーザー教育
井上氏:最初に木育に関わりました。ある日、30代の夫婦が木製テーブルの脚を短くしてほしいと木工房に持ち込まれたのですが、なんとその脚は、木ではなく段ボールに木のプリントが貼ってあったパーツだったんですね。この件以来、木育の必要性を強く感じています。木育を定着させるにはどうすればいいでしょうか。

赤堀氏:マッチとナイフを持たせることですね。木がどういうものか教科書には「可燃物」とあるがそんなに簡単に燃えない。木について直接経験を重ねて身に着けてもらうのが一番です。学ぶ場所、知る機会を作ってあげないといけません。これは愛情だと思う。

安田氏: 学校や保育園や幼稚園など・・・ですか?

赤堀氏: 最近クレーム社会になってきていますよね。

安田氏: 木造の学校に赴任してきた教頭先生が、おっしゃっていました。「木でできた学校に通うこどもたちが、身の回りの木でできた壁や床が、傷ついたり、へこんだり、汚れたりすることを知っているんですよ」と話してくれました。誰が教えたわけではないのに、身の回りの環境から、物との接し方を学んでいる、と。それを聞いて、木で建築が子どもたちの成長に影響を及ぼすことを実感しました。メンテナンスフリーを目指したビニールクロスやプラスチックタイルの建材は、蹴っ飛ばしたり、汚れても気にもかけない子供たちが増えていると聞きます。

井上氏: 私も似たような経験があります。雑誌の記事で木造校舎の校長のインタビューですが、「木造校舎だと床が傷つきませんか」と聞かれて、「傷つくからこそ教育なんですよ、傷つかないものに囲まれていたら物が傷つくことがわからない。ここまでやっても大丈夫、これ以上すれば傷つくことを知るためには木でないといけません!」と回答されていて感動しました。

赤堀氏: 京都で木のいいところを大工さんと語りあう機会がありました。町屋の二階で無塗装のテーブルでボールペンで記帳することになったのですが、参加されていた方は用紙の下に雑誌や新聞を敷いていました。直接ペンを走らせると跡が机に残ることを知っておられるのです。
木は人がやさしくなれる素材だと思います。五感で感じ取りながら、対象に対して思いやる。社会に安寧をもたらす素材ですよ。思いやりのある社会を作り出している。

安田氏:木を使う社会は、クレーマーを社会からなくすのかもしれない。

井上氏:木育をする人は少ないんですよ。先日幼稚園の教諭が竹を縦割りするとタケノコみたい!とびっくりしていたのですが、そういった方が幼児教育をしていることを念頭に、会場のみなさん木育を進めてください。

05.jpg

■ 自給率向上と森林所有者収益向上
赤堀氏:自給率は18%から33%まで回復していますが結果論だと思います。自給率だけを追求した数値目標は、薄利多売を助長して、結局赤字を拡大することになるのです。
林業労働者の賃金などの待遇が向上しているわけではありません。ずばり、木材の利用拡大の目的は、より良い山づくりです。数字に一喜一憂してはいけません。

井上氏:どうすれば、森林所有者の収益向上が実現できるのか?林業機械は高額で相当稼働率を上げないと採算が取れない。本来すべきでない作業をしてしまっている。何をすればいいか?

赤堀氏:これをすればというものはない。多くは情報が分断されていて、川上の林業の状況、川下のニーズが届いていない。情報を共有することだ。

井上氏: 森林所有者は山に関心を失くしてきていて大きな問題だと感じている。自分の山の境界もわからないという。

赤堀氏: どうすれば関心を持っていただくか。お金になるのでは。めちゃくちゃ儲かるというわけではないがなんとか稼げる林業がいいのでは。山間部にそういう地域を作って関心を寄せてもらう。今後法律で、市町村が(育林放棄している)森について手入れを任せてください、と言えるようになります。自分でやろうかと悩んでいても、その申し出に乗ってしまう。その話をするタイミングで森林所有者とのやり取りをしながら、気持ちを引き出してほしいのですが。

09.jpg

■会場参加者と意見交換
Aさん: 素材生産業をしています。集約化・機械化は悪いわけではなく、うまくやればよいと考えます。マツ枯れの処理をする仕事をしたことがあるがチェーンソーで倒して大きすぎると人の手で搬出してビニルシートをかけて薬を入れる、その処理はつらいですよ。いかにチップにしないように考えて、歩留まりがよい土木用材にしました。マツ枯れにならないうちに伐採するように3年がかりで説得してやりました。なんでも伐採は請け負っています。機械化したので3m30cmなど10cm刻みで対応可能にしています。

Bさん: 木材を使わないといけない理由が見当たらない。木材の建材としての効用を森林総研でも研究されているが、数値で表れているわけではない。

井上氏: 埼玉大学の浅田先生が、木の床の上と木の床以外の床で過ごしたときを比較して数値化している。

安田氏: 木材は建材の一つ。木造を強制するものではない。しかし、こどもは直感で暖かいところや柔らかいところに触れたがるし、触れて学んで育っている。

Cさん: 大学で林学の専攻が減っている。建築では木造を学ばないと聞いている。

安田氏: 建築の授業に木造はなかった。

赤堀氏: 林学は観察の学問だと聞いている。魅力的ですが・・・

安田氏: ナリワイが魅力的であれば、志す人も増えるのではないか。

10.jpg

11.jpg

■ まとめ

安田氏: キーワードに沿って振り返っていただきましたが、今後のお二人の10年についてお話をお伺いしたい!

井上氏: これからの10年の目標は、どうやって(家業の林業を)息子に引き継いでいくか、ということと、製材工場に後継者がいないので、素材→製材→建築というネットワークを構築してから引退したいと考えている。

赤堀氏: これまで外に出ていたので、地元に貢献して「長野のカラ松はいいね」といわれるようになりたい。取材を続けていき、ベストセラーを出して仕事を遺したい。

安田氏: 間伐材が主流だったこれまでの10年は、木を使えばよかった時代。これからの10年は、間伐よりむしろ主伐に移行してくる。木を使うことで、森林所有者に収益を生み、持続的な森林経営に恩恵を与える木材利用が必要になると予測します。森林を元気づける木材利用の仕事に、ますます責任が問われるのだと思います。しかるべき材を使ってしかるべき貢献しなくてはいけないと。
森林所有者収益に焦点を当てて、次の世代に引き継ぐやり方をするためには、どう関係づけていくかが次の仕事だと考えています。
そのための情報発信や人材の束をつくっていく活動をサウンドウッズでは取り組みたい。
今後とも宜しくお願いいたします。

08.jpg

04.jpg


2018年12月28日
[ お知らせ ]

2019年の年始の営業について

2019年の年始の営業について

2018年12月28日をもって年内の営業を終了いたします。
関係者の皆様には大変お世話になりました。

2019年は1月4日より、営業を開始いたします。
どうぞ、2019年もよろしくお願いいたします。

SWlogo.jpg

2018年12月03日
[ セミナー・イベント ]

サウンドウッズ設立10周年記念フォーラム

サウンドウッズ法人設立10周年記念フォーラム 
森にかかわる10年~これまでとこれから~

サウンドウッズが法人化して10年。
これまでの森とまちをつなぐ活動を森林と木材の視点から、
これからの森とまちをつなぐ活動について専門家を招いてディスカッションを行います。

------------------------------------------------------------
第三弾 記念シンポジウム
             「森と環境保全活動の10年」

開催日  :  2019年3月10日(日)
開催時間 :  13:30~17:00 (受付開始 13:00)
講演会場 :  エルおおさか 709号室
      大阪市中央区北浜東3-14
------------------------------------------------------------

フォーラムは終了いたしました。
多数のお申込みありがとうございました。

リーフレットダウンロードこちらから→

sw10thforum01-20181215.jpg

sw10thforum02-20181215.jpg

------------------------------------------------------------

森にかかわる10年~これまでとこれから~

サウンドウッズが法人化して10年。
これまでの森とまちをつなぐ活動を森林と木材の視点から、
これからの森とまちをつなぐ活動について様々な専門家を招いてディスカッションを行います。

リーフレットダウンロードこちらから→


第三弾 記念シンポジウム
             「森と環境保全活動の10年」

開催日  :  2019年3月10日(日)
開催時間 :  13:30~17:00 (受付開始 13:00)
講演会場 :  エルおおさか 709号室
      大阪市中央区北浜東3-14
参加料  :  無料
登壇者  :  川北 秀人 (IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表者)
      井上 有加 (林業女子会@高知、井上建築)
      竹垣 英信 (森のライフスタイル研究所代表理事所長)
      山本 博 (日本森林ボランティア協会副理事長)
      能口 秀一 (木材コーディネーター、有限会社ウッズ代表)

プログラム:
  第一部 基調講演:川北秀人
      「森に関わる活動の10年~これまでとこれから~」
  第二部 パネルディスカッション
      「森を救う市民活動はどこに向かうか」
      パネラー:井上有加
           竹垣英信
           山本博
           能口秀一
      コメンテーター:川北秀人
      進行  :安田哲也



多数のご参加ありがとうございました。

--------------------------------------------------------

第一弾 東京プレ講座
              「森と木材製造流通の10年」


開催日  :2019年1月25日(金)
開催時間 :17:30~20:30 (受付開始 17:00)
講演会場 :地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
      東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
参加料  :3,000円(ドリンク軽食付き)
登壇者  :赤堀 楠雄 (林材ライター)
      井上 淳治 (NPO法人西川・森の市場代表)

プログラム:
  第一部 基調講演:赤堀楠雄
      「森林国から林業国へ」
  第二部 トークセッション
      「木材需要喚起は日本の森を育てているか」
      スピーカー:赤堀楠生
      聞き手  :井上淳治
      進行   :安田哲也
  第三部 懇親会


※開催リポートは こちら

----------------------


第二弾 大阪会場プレ講座
              「森と林業の10年」

開催日  :2019年2月15日(金)
開催時間 :17:30~20:30 (受付開始 17:00)
講演会場 :近畿中国森林管理局 1F レストラン杣soma
      大阪市北区天満橋1丁目8番75号
参加料  :3,500円(ドリンク軽食付き)
登壇者  :田中 淳夫 (森林ジャーナリスト)
      中島 彩 (有限会社ウッズ森林管理部)

プログラム:
  第一部 基調講演:田中淳夫
      「絶望の林業から希望の林業へ」
  第二部 トークセッション
      「この先10年に求められる森を育てる人」
      スピーカー:田中淳夫
      聞き手  :中島彩
      進行   :安田哲也
  第三部 懇親会


※開催リポートはこちら


----------------------


カレンダー

< 2019年3月 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

NPO法人サウンドウッズ
〒669-3631
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
tel/fax(0795)71-1065
mail info@soundwoods.net

ホーム


日本の森はいま





■サウンドウッズの取り組み

森づくりのお手伝い

家づくりのお手伝い

森と街をつなぐ人材の育成

公共木造施設のプロデュース

森と街をつなぐイベントの実施


■団体情報

団体概要

アクセス

役員紹介

沿革

事業内容

定款・収支報告

■募集情報

ボランティアスタッフ

NPO会員

NPOスタッフ


お問い合わせ