NPO法人サウンドウッズ sound wood(s)

ピックアップ 木材コーディネート基礎講座 サウンドウッズ 会員・スタッフ・ボランティア 各種募集 Facebookページ セブン-イレブン記念財団

サウンドウッズの取り組み

森と街をつなぐイベントの実施

森の達人・チャレンジコース
2017年11月09日
[ 森を体験!チャレンジコース ]

「2017森の評価方法を学ぶ講座in丹波」第1回開催レポート

「2017森の評価方法を学ぶ講座in丹波」第1回目をレポートします

日時 :2017年10月28日(土) 10:00~16:00
集合 :前山(さきやま)コミュニティーセンター(丹波市市島町)
スケジュール:
       10:00 受付開始・移動
       10:30 「森の健康診断」講義
       12:00 昼食
       13:00 「森の健康診断」実施
       15:00 調査地の植生について・まとめ
       16:00 解散
講師 :能口秀一、中島彩(有限会社ウッズ)、
    宮川五十雄(NPO法人森の都研究所)



台風が先週末に続き当週末もやってくるという予報の中、「森の健康診断」を開催しました。
明朝の丹波はかなりの雨でしたが、ちょうど9時ごろより小ぶりに。
しかし天候の急変を考慮して、背景やマニュアルの説明などの講義は、
ライフピア市島に会議室をお借りして行いました。


能口講師による概要説明の後、中島講師が調査方法についてマニュアルに沿って説明がありました。
将来リーダーになる可能性がある受講生に向けて、語句の意味などしっかり解説していただきました。
「こどもモリケン」といった子供向けのバージョンがあるらしく、各地への広がりもあるそうです。
それにしても100円グッズで調査できるとは、驚きです。


昼食の後、いよいよ山に入ります。2班に分かれ、スギの林分かヒノキの林分を調査します。
小雨の中、レインコートを着て記録係は傘を持って山に入りました。
台風が通過した後だったので、想定よりも緑の葉がかなり落ちていて、強風によって細い木は曲がっていたようでした。


中心になる木を決めて、調査範囲を決めていきます。

下草の植生を調査する5m平方を囲んだ様子です。こちらの班はスギの林分です。

腐食土層の調査です。雨がかかっていない木の陰を調べています。

この後、中心になる木や直径や樹高を測定していき、過密具合を調べていきます。

調査結果は、混みすぎの森でした。間伐した方がよさそうです。
マニュアルに適正な本数が相対表に示されていて、適正な森への道のりをそれぞれがメージしてため息をついていました。

調査の後は、山を下りて持ち帰った下草について宮川講師に同定(植物の見極め)していただき、
前山地区の植生について説明を頂きました。


300年ほど前に倒木があるとその植生が土地に残り続けるのだとか。
芽吹いたこどもの木を見つけた場合は、付近に親の木があるか探すと分かりやすいそうです。
植物が多様であればあるほど、地面にしっかり根付き、良い地盤の山になるとのことでした。
雨が強くなってきたので、タープ型テントの下で解説いただきました。


「森の健康診断」により、どのぐらい森が混みあっているのか数値ではっきりわかり、
下草となっている植物を調べることで山に多様な植物が育っているのか、山の状態を知ることができました。
参加されたみなさんは、森の見方が全く変わったようです。
ある受講生は、なんとなく伐採した方がいいと漠然と抱いていても、どれぐらい伐採すべきか表現しにくかったが、この方法では数値として他の人に対しても示しやすい、と感心していました。
また、全国で同じ手法が採られていることより、客観性が担保された調査方法に感心していました。

得るものが大きい講座になったようです。


第2回「山の評価法勉強会」は12月2日に同じ調査地で行います。

※当イベントは(一財)セブン-イレブン記念財団より助成を受けて開催いたしました。

カレンダー

< 2017年11月 >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

NPO法人サウンドウッズ
〒669-3631
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
tel/fax(0795)71-1065
mail info@soundwoods.net

ホーム


日本の森はいま





■サウンドウッズの取り組み

森づくりのお手伝い

家づくりのお手伝い

森と街をつなぐ人材の育成

公共木造施設のプロデュース

森と街をつなぐイベントの実施


■団体情報

団体概要

アクセス

役員紹介

沿革

事業内容

定款・収支報告

■募集情報

ボランティアスタッフ

NPO会員

NPOスタッフ


お問い合わせ