NPO法人サウンドウッズ sound wood(s)

ピックアップ 木材コーディネート基礎講座 サウンドウッズフォーラム2017 サウンドウッズ 会員・スタッフ・ボランティア 各種募集 Facebookページ セブン-イレブン記念財団

お知らせ

2017年5月25日
[ お知らせ ]

「山の棚卸し 山の未来を考えるワークショップ」実施レポート

2017.5.26 更新

Photo0.jpg

「山の棚卸し 山の未来を考えるワークショップ」をレポートします




■日時      : 12月10日(土)  10:00~15:30
■集合      : サウンドウッズ丹波事務所
                   兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
■スケジュール:
              10:00 受付開始
              10:30 オリエンテーション・移動
              11:00 山の棚卸し1
              12:00 お昼ごはん
              13:00 山の棚卸し2
              15:00 まとめのお話(コーヒーブレイク)
              15:30 終了・解散



「山の棚卸し」では、その山の現状を調査し、資産価値を計算します。


実際に山に入り、調査するエリアを決め、そのエリア内にある立木の樹高、胸高直径(立木の1.2mの高さの直径)、木の混み具合などを計測します。

そのほか、枝打ちの状況や曲がり具合や腐れの有無など、木材としての価値を左右する情報を木の表面から読み取り、客観的に評価することを目標としています。

この結果を森林所有者と共有することで、森林の価値を知ってもらい、今後の育林や伐採の計画に役立ててもらうきっかけづくりを目指します。

 Photo1.jpg

ヒノキの人工林で、立木を一本ずつ調査しました。


次に試験的に伐採を行いました。


これにより、樹高を計測し、年輪を確認することで、どのように成長してきたか判断することができます。

また、樹冠(梢部分の枝付き)の大きさを計測することで、今後の間伐の必要性などを検討し、立木を見上げただけではわからなかった細かい情報を収集していきます。

Photo3-1.jpg



試験木から得られたデータを元に分析を行いました。


 Photo5.jpg

立木の総利用材積と原木の値段より、現在の森林の資産価値がつかみます。

次に、10年後の森林の変化を間伐をした場合としなかった場合と分けて計算し、その結果を比較します。

Photo4.jpg


「山の棚卸し」では、調査範囲を決めて試験伐採することで、山全体の資産価値を試算することが出来ました。具体的な数字となって現れる結果に、参加者は新しい感動を覚えていました。この情報をどのように森林所有者と共有し、将来に役立てればいいか、各々考えを深めることができたようです。


 ※当イベントは、(一財)セブン-イレブン記念財団より助成を受けて開催いたしました。

セブンイレブンロゴ_min.jpg

カレンダー

< 2017年5月 >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

NPO法人サウンドウッズ
〒669-3631
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
tel/fax(0795)71-1065
mail info@soundwoods.net

ホーム


日本の森はいま





■サウンドウッズの取り組み

森づくりのお手伝い

家づくりのお手伝い

森と街をつなぐ人材の育成

公共木造施設のプロデュース

森と街をつなぐイベントの実施


■団体情報

団体概要

アクセス

役員紹介

沿革

事業内容

定款・収支報告

■募集情報

ボランティアスタッフ

NPO会員

NPOスタッフ


お問い合わせ