NPO法人サウンドウッズ sound wood(s)

ピックアップ 木材コーディネート基礎講座 サウンドウッズ 会員・スタッフ・ボランティア 各種募集 Facebookページ セブン-イレブン記念財団
2013年12月02日
[ 森を体験!チャレンジコース ]

12/14土曜日:里山薪割焚火塾開催

2013.12.18 更新


12月14日に実施した里山薪割焚火塾の模様をレポートします。
IMG_1657+.jpg

第1部:薪割り・焚火体験

昨年に引き続き、講師はランバージャックス加古川から岡本篤さん、
東條隆さんを始め、総勢6人にお越しいただきました。
IMG_1631+.jpg

まずは、ランバージャックスさんから薪の安全な割り方をレクチャーいた
だき、早速薪割り開始。
IMG_1661+.jpg

薪割りが初めての方もいれば、自宅の風呂炊きのために毎日のように薪割りを
していた達人もいいました。

「薪割りのうち、実際に薪を割っている時間は少なく、ほとんどが薪の運搬
などに費やされる。いかに薪割り以外の時間を減らして効率よく薪割りを
するかがポイント」



薪割りがひと段落すると、今度は薪棚班と焚火班に分かれて作業です。

薪棚班は、割った薪をジェンガのように積む方法を教わりました。
IMG_0036+.jpg


講師の岡本さんの解説のあとはみんなで薪棚づくり。
薪棚をまっすぐ積むのは慣れていないと少し大変な作業です。
IMG_0005+.jpg

薪棚完成。
IMG_0029.JPG

焚火班は、かまど炊きご飯とボタン汁作りに挑戦。
IMG_0006.JPG


こちらはかまどでご飯を炊いている様子。
IMG_0018.JPG

こちらはボタン汁。
P1040399+.jpg

気温10度未満のなか、どちらも美味しくいただきました。
P1040403+.jpg


第2部:ロケットストーブづくり

午後のプログラムは、能口秀一講師によるロケットストーブづくり
ロケットストーブとはれんがやコンクリート、一斗缶を利用した簡易の
ストーブのこと。
今回は、一斗缶を使ったコンパクトなロケットストーブと、ドラム缶を
使った大型のロケットストーブを作りました。
P1040414+.jpg

ロケットストーブの原理を解説してもらうと早速組立開始。
こちらは一斗缶班
P1040411+.jpg

こちらはドラム缶を使った大型ロケットストーブ班
P1040410+.jpg

無事完成。
1521475_10202800518125036_1758620781_n+.jpg



第3部:ワークショップ
ランバージャックス加古川社長の岡本さんより、ランバージャックスの
活動や、コミュニティのつくり方についてお話をいただきました。

IMG_0055+.jpg

「ランバージャックス加古川では、薪ストーブユーザーにも活動を広げて
いくため、地域通貨を導入している。
1時間の作業で100キコリの地域通貨が得られ、これを薪以外の野菜や
マッサージなどに交換することができる。
メンバーには様々な職業や特技を持つ方が所属しているので、薪以外にも
様々なモノやサービスに交換することができる」


__________________________________


s-icon20131214-01.jpg

1239794_10202000125635724_1876430449_n.jpg

sDSCN9755+1.jpg

sDSCN9793+1.jpg

sDSCN2539.jpg

sDSCN4432.jpg

sDSCN9865+1.jpg


里山の循環資源を考えるワークショップ in丹波
さとやままきわりたきびじゅく
里山薪割焚火塾 2013

 
里山の木材は循環資源
森に囲まれる地域では、
計画的に森を育てながら木材を伐って燃やし、
里山の恵みを暮らしに活かしてきました

ワークショップでは薪割りと焚火を体験します。
話題のロケットストーブの製作ワークショップです。
薪や炭を使った調理体験を通して里山の恵みをいただきます
講師は薪割結社「ランバージャックス加古川」のお二人

里山が注目される昨今
すぐ身近にある森の資源について、
皆様と一緒に考えます

昨年度実施の様子は、こちら→

 〈講  師〉 
岡本 篤 おかもと あつし「ランバージャックス加古川」社長
東條 隆 とうじょう たかし「ランバージャックス加古川」所属
 
ランバージャックス加古川とは・・・

「・・・岡本篤をリーダーとする。
リーダーはメンバーに情報やノウハウ、土地、道具を気前よく提供する義務がある。
リーダーの目標は「自然と人間をつなぐ」こと。
目標達成の一方策として薪割りグループ「ランバージャックス加古川」を立ち上げる」
引用:ブログ「岡本篤の加古川Watcher」
 
〈日 時〉
平成25年12月14日 (土曜日) 小雨決行  
 10:00~16:00
 
〈スケジュール〉  
 9:30  受付開始
10:00  薪割体験
11:00  焚火体験
12:00  かまどごはんの時間
13:30  ロケットストーブワークショップ
15:00  ティーブレイク・お話の時間
        テーマ「里山の循環資源を考える」木材利用で地域を元気に
16:00  終了予定(希望者はJR福知山線柏原駅まで送迎します)
 
〈定 員〉      
30名 
※先着順・定員に達し次第締め切ります
 
〈参加費〉      
2,000円 (会員1,500円)
※昼食に、ご飯・猪肉の味噌汁と、お茶の時間におやつがつきます
※ロケットストーブ製作者は、別途材料費が必要です
(詳細お問い合わせください)
 
〈持参品〉      
雨具(小雨時でも行います)
 
〈服装〉        
薪割に不具合のない格好(長袖・長ズボン・帽子・軍手)
 
〈集合場所〉    
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1有限会社ウッズ木材展示場 ☞Map
お車で:北近畿豊岡自動車道氷上インターチェンジより15分
電車で:JR福知山線(宝塚線) 柏原(かいばら)駅 タクシー25分
※9:30amに、JR柏原駅にお車でお迎えに上がります。
 
 
〈問い合わせ〉  
NPO法人サウンドウッズ チャレンジコース事務局 こちら→
TEL・FAX 0795-71-1065     
e-mail  info@soundwoods.net

【参加申込み 】 
募集は締め切りました。
お申し込みありがとうございました。

 

カレンダー

< 2013年12月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

NPO法人サウンドウッズ
〒669-3631
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
tel/fax(0795)71-1065
mail info@soundwoods.net

ホーム


日本の森はいま





■サウンドウッズの取り組み

森づくりのお手伝い

家づくりのお手伝い

森と街をつなぐ人材の育成

公共木造施設のプロデュース

森と街をつなぐイベントの実施


■団体情報

団体概要

アクセス

役員紹介

沿革

事業内容

定款・収支報告

■募集情報

ボランティアスタッフ

NPO会員

NPOスタッフ


お問い合わせ