NPO法人サウンドウッズ sound wood(s)

ピックアップ 木材コーディネート基礎講座 サウンドウッズ 会員・スタッフ・ボランティア 各種募集 Facebookページ セブン-イレブン記念財団
2013年2月26日
[ 森を体験!チャレンジコース ]

街で森を育てるA to Z講座開催

今年度3回目となる竹中庭園緑化アーバングリーンラボ(UGL)さんとのコラボ企画が
開催されました。
DSCN0455.JPG

アーバングリーンラボ(UGL)さんは、大阪梅田・富国生命ビルのまちラボ
に拠点をいて活動されています。

今年度のUGLさんとのコラボ企画のタイトルは、
「森まど」から手のとどく森を知る勉強会3回シリーズ
   ※「森まど」とは街の真ん中にある森への入口のこと
_______________________________
第1回  森を味わうお話会「森のおつまみで身近な森を知る」
第2回  初冬の森訪問「日帰りで行く丹波の森歩きツアー」
第3回  街で森を育てるAtoZ「木づかいで身近な森を育てる方法」

(※通しで参加も、それぞれ単発参加どちらも可能)
_______________________________


3回目は、身近な木から森のことを学んでいただき、
最後にはワークショップで森を育てていただきました。

まずは、代表理事安田から森のお話をさせていただきました。
DSCN0427.JPG

「割り箸を使うことは森林にとって悪いことでしょうか?

日本では、森林の価値を最大限に活かすために、木は適材適所に使われています。
割り箸は、柱や板などに使われた余りの部分や木を育てる過程で出る間伐材を
使って作られています。

一方、海外では木材価格が安いなどの理由から原木全部が割り箸として加工され
ていることあります。

森林のことを考えるならば、木を使うことは大切です。
ただ、木製品を使えばなんでも良いのではなく、持続的な森林の管理をしている
とこから切り出された木からできたものを選ぶことも非常に大切です」

身近な割り箸を通して、森のことを考えていただきました。



続いて、UGLさんがされている取り組みについてお話をされました。
DSCN0441.JPG


UGLさんは、昨年10月に大阪市の中央公会堂前で行われた
花やみどりを暮らしの中に取り入れるユニークな商品を様々提案されています。


最後に、街で森を育てる企画として、木でできた器をデコレートして
木を持ち運ぶ器作りのワークショップです。
DSCN0451.JPG

皆さんが持っているのが木の器のパーツ。
この器には穴が空いていて、スニーカーに紐を通す要領で、色とりどりの
毛糸を穴に通して思い思いにデコレートしていきます。
DSCN0456.JPG

最初は戸惑っておられた男性陣もいつしか無心で作品を作っておられました。
DSCN0463.JPG

毛糸の色や通し方で個性的な作品が出来上がりました。
DSCN0464.JPG

DSCN0479.JPG

DSCN0474.JPG

DSCN0482.JPG

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。



2013年2月26日
[ セミナー・イベント ]

平成24年度木材コーディネーター養成基礎講座 座学11・12

平成24年度木材コーディネーター養成基礎講座最後の講座が2月9日に行われました。

最後の講座は、関係業者ネットワークとリスクヘッジ、森林と木材流通の各種制度
について学びました。

そしてスペシャルゲストの林材ライター赤堀楠雄さんにもご登場いただきました。
詳しい内容は下記の写真をクリックしていただくとレポートのページにとびます。

sDSCN0303.JPG

カレンダー

< 2013年2月 >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

NPO法人サウンドウッズ
〒669-3631
兵庫県丹波市氷上町賀茂72-1
tel/fax(0795)71-1065
mail info@soundwoods.net

ホーム


日本の森はいま





■サウンドウッズの取り組み

森づくりのお手伝い

家づくりのお手伝い

森と街をつなぐ人材の育成

公共木造施設のプロデュース

森と街をつなぐイベントの実施


■団体情報

団体概要

アクセス

役員紹介

沿革

事業内容

定款・収支報告

■募集情報

ボランティアスタッフ

NPO会員

NPOスタッフ


お問い合わせ